福岡市内近郊でのスーパーや工場、事業所から排出される段ボール回収業務は日本紙料(有)へお電話下さい。

お問い合わせ・回収依頼

092-611-0679

メール

輸出事業

環境問題が叫ばれる近年、今や古紙は国際商品として定着しており、特に世界一の品質を誇る日本の古紙は高い評価を得ています。経済成長を続ける中国をはじめとしたアジア各国では、古紙回収率がまだまだ低く、原料の多くを海外からの輸入に頼っているのが現状です。大量生産・大量消費の時代から循環型社会へ。弊社では、中国・タイ・台湾へと古紙を販売・輸出事業を展開し、マーケットの安定とグローバルな視点からの環境問題に取り組んでいます。

資源回収事業

古紙回収事業

  • 大手スーパー等大規模小売店やホテル、工場で出る段ボールの回収業務。
  • 各企業、オフィス等で出る新聞古紙や段ボール、事務用紙等再資源物の回収業務。
  • 印刷工場での断裁古紙の回収業務。

アルミ缶資源物回収事業

  • ホテルや大規模施設からで出るアルミ缶といった資源物の回収業務。

発砲スチロール回収事業

  • 資源古紙回収事業の他に、事業所などから排出される発泡スチロールを回収し、減溶機で約1立方メートルの発泡スチロールも約1/25に圧縮 、再資源となります。

365日回収のフットワーク

事業系の古紙回収事業は、市内随一の機動力とスタッフによる迅速な対応で365日無休の回収体制をとることにより、各方面より絶大なる信用を得ることが出来、安心してお取り引きを頂いています。

機密文書処理事業

機密文書処理

2005年4月1日に個人情報保護法が全面施行されました。 以後、個人情報漏洩に対する企業の危機意識の向上により、 厳密な機密処理が強く求められるようになってきました。 弊社では「機密文書処理基本規定」を作成し、 本規定の下徹底した漏洩防止に取り組み適切に処理を行なっています。

PAGE TOP